資料請求・無料登録買取・見積・査定> ステーションワゴンのリセールバリュー ガリバー無料愛車査定
スポンサードリンク

ステーションワゴンのリセールバリュー ガリバー無料愛車査定


ガリバーの独自調査機関、ガリバー自動車流通研究所が日産・ウイングロード登場にあわせてステーションワゴンのリセールバリュー調査を発表した。

このクラスの特徴は輸入車の人気が高いようで、2位には登場したばかりのBMW・3シリーズがランクインしている。


〜ランキングBEST3〜

1位:スバル『インプレッサ・スポーツワゴン・WRX』 2005年式

● 新車価格:242万5500円
● リセールバリュー:57−64%

平対抗4気筒エンジンがもたらす低重心と低速からの豊かなトルクはスポーツ走行に適しており、ステーションワゴンとはいえ別次元のクルマに仕上がっている。今年大幅なマイナーチェンジを行ったことも高評価。

2位:BMW『325i ツーリング・Mスポーツ』 2005年式

● 新車価格:586万円
● リセールバリュー:57−63%

ステーションワゴン人気の高い欧州からやってきたBMW・3シリーズ・ツーリングは、スタイリッシュな外装と大きくなったボディによる機能性が人気のポイントです。

3:ホンダ『エアウェイブ・Lスカイルーフ』 2005年式

● 新車価格:175万3500円
● リセールバリュー:46−62%

大型のガラス・ルーフを採用したワゴンは、コンパクトな車体に似合わず高い開放感が味わえるなどオススメのクルマ。ベースとなるのは人気車種ホンダ・フィット。


◇リセールバリューとは、3年後に中古車として市場に出る際の人気を指標化したもの。

新車価格に対して中古車買取価格の残価率(中古車買取価格÷新車価格)の3年後の予想を算出しています。

つまり、より人気のある車を購入しておけば、お得な乗り換えが可能です。そういえば私も若き頃には数台乗り継いだ時に、ちょっとずつイイクルマに替わっていけたのは、これが原因だったのかも・・・・

車両の条件は、注目度の高いグレード・人気色・年間走行8,000kmで算出です。


あなたの愛車の価値は今いくら?

↓↓ガリバー 無料愛車査定サービスはこちら↓↓

ガリバー 無料愛車査定サービス

posted by 資料請求・無料登録
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。